過去分析STEP① 自分の過去を概観する

自己分析戦略編では、過去・現在・未来の3方向から自分を分析するアプローチについて説明しました。



今回はいよいよ実践編の第一弾、
過去を振り返ることで、自分に「向いている」仕事や環境を分析する為の具体的なやり方について、説明します。

ちなみに、過去・現在・未来の分析のなかで、一番重い(作業量が多い)のが今から行う、過去の分析です。やることはたくさんありますが、途中で力尽きないように!
 
 

過去分析STEP① 自分の過去を概観する

まずは、過去の自分を概観する(ざっと見渡す)ことから始めます。
下記の2つの側面から振り返りましょう。

A.頑張ったこと・頑張らなかったこと
B.人間関係

 
 

A.頑張ったこと・頑張らなかったこと

ノートを出して、下のように線を引きます。もちろん、ノートではなくてEXCELを使っても構いません。
中心線から上が、「頑張ったこと」ゾーン、下が、「頑張らなかったこと」ゾーンになります。

これを、高校用と大学用、2つは必ず用意します(やる気のある人は、小学校・中学校用も作ってみるとよりgood!)。

 
 
次に、振り返りが「勉強のみ」「部活のみ」のように偏らないよう、カテゴリを分けます。多くの場合、
高校は、
①勉強 ②部活 ③その他(バイト・趣味など)の3分類、
大学は、
①勉強 ②部活・サークル ③バイト ④その他 の4分類に分けるとバランスよく振り返りが行えます(下図)。

  
そこまでできたら、過去の自分自身を振り返り、「頑張ったこと」「頑張らなかったこと」を思いつくままに書いていきます。
 

!!注意点!!
*頑張ったことだけでなく、頑張れなかったこと(全力ではなかったこと・途中で辞めてしまったこと)もなるべく思い出して書いてみる。
*この段階では一つ一つを深く掘り下げなくてもいいので、「なるべく多く出す」ことを重視する。

 
 

B.人間関係について

「頑張ったこと」「頑張らなかったこと」の振り返りができたら、今度は人間関係の振り返りを行います。振り返りを行うのは下記の4項目、こちらも、「高校時代」「大学時代」と2つに分けてノートに書いていきます。

・一緒にいて居心地のいい人や組織は?
・一緒にいて居心地の悪い人や組織は?
・組織での自分のキャラクターは?
・人付き合いのタイプは?

 
!!やり方と注意点!!
「一緒にいて居心地のいい人や組織/悪い人や組織」については、どんな人だったかをなるべく具体的に書く(一言で表せなくてもいい)。

例:雰囲気が柔らかく話しやすい人/アツい人/人の意見を聞かない人/やる気のある組織/まったりしている組織/面白い人/あまり話さないけどマニアックな趣味を持っている人
etc.



「組織での自分のキャラクター」は、組織や年次によって違う人も多い。そのような場合は、「いつの、どの組織ではこんなキャラ」という風に書く。

例:1年生の部活では、先輩と積極的に話してチームをなごますようなキャラ
3年生のゼミでは、副ゼミ長としててきぱきと役割分担して効率的に話し合いを進める進行役
etc.

 
「人付き合いのタイプ」は、大きく分けると、「浅く広いタイプ」か、「深く狭いタイプ」か。自分なりの言葉で細かく書いてみる。

例:趣味が合う少数の人とは毎日かなり深く話し込んでいた、一方でクラスの他のグループの人とも、嫌われたくなかったのでかなり幅広く話をするようなタイプだったが、自分から話しかけることは少なかった
etc.


 以上が、「過去分析STEP① 自分の過去を概観する」ための方法です。
頭の中で振り返るだけでなく、言語化してアウトプットすることが大切です。
STEP②では、今回概観したエピソードを、深く掘り下げます。
 
 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました