過去分析STEP② 深掘りをする

STEP①ができたら、今度はエピソードをピックアップして、深掘りをしていきます。
(STEP①はこちら↓)


 
 
ちなみに深掘りをする理由ですが、

自分をよく理解するため、

というのはもちろんのこと、「ES対策」や「面接対策」に大いに役に立ちます。というより、このタイミングで深掘りをしておかないと、ESの「ガクチカ」がうまくかけず、面接では「自己分析が足りないね」とお叱りをうけることがほぼ確実です。


それではやり方をお伝えしていきます。

まず、STEP①で書いた「頑張ったこと」「頑張らなかったこと」の表を見て、自分が深掘りしたいエピソードをいくつかピックアップします(全部のエピソードについて深掘りしてももちろんいいです、大変ではありますが)。

おススメは、
・高校までで一番頑張ったこと
・大学で一番頑張ったこと
・高校までで一番頑張れなかったこと
・大学で一番頑張れなかったこと

の4つをピックアップするといいでしょう。


次に、ピックアップしたエピソードについて、
「頑張ったこと」であれば下記8項目
「頑張らなかったこと」であれば下記4項目、
振り返ってみます。

「頑張ったこと」の振り返り8項目
①それをはじめようとしたきっかけと理由は?
②どんな役職(立ち位置とかキャラクター)だったか?
③目的・目標は?
④どんな工夫を、どれくらいの量頑張ったか?
⑤どんな困難・苦労があり、どう乗り越えたか?
⑥どんな結果が出たのか?
⑦そこから何を学んだのか?
⑧なんで頑張れたのか?

「頑張れなかったこと」の振り返り4項目
①それをはじめようとしたきっかけと理由は?
②目的・目標は?
③どんな結果が出たのか?
④なんで頑張れなかったのか
?

 
上記の項目を、ただ単に頭の中で思い出すだけでなく、
実際に言語化してノートに書いて、アウトプットすることが大切です。
 
 

ちなみにESで「ガクチカ」を書く時は、
頑張ったこと、の
②どんな役職(立ち位置とかキャラクター)だったか?
③目的・目標は?
④どんな工夫を、どれくらいの量頑張ったか?
⑤どんな困難・苦労があり、どう乗り越えたか?
⑥どんな結果が出たのか?
が大切です。

(詳しくは、下記の記事をご覧ください)


一方で
⑦そこから何を学んだのか?
⑧なんで頑張れたのか?
については、面接で聞かれることも多いので、しっかりと振り返っておきましょう。
 
 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました